Lp  logo  pc Lp  logo  sp

Baseconnect 利用規約

本規約は、Baseconnect株式会社(以下「Baseconnect」といいます。)が提供するデータベース商品(データベースを構成する個々のデータ及びBaseconnectLISTを含みます。以下「データベース商品」といいます。)の利用に関する基本事項について定めるものです。データベース商品の利用者(以下「ユーザ」といいます。)は、本規約の内容を理解し、これに従うことを承諾したものとみなされます。

使用許諾

第1条
Baseconnectは、別途利用契約で定めるところに従ってBaseconnectの保有する企業情報等データベースから抽出し、作成したデータベース商品( 印刷物の形態で提供されるものを含みます。以下同様とします。)を、日本国内において非独占的に使用することをユーザに許諾し、ユーザは、その対価をBaseconnectに支払うものとします。

利用契約

第2条
1. データベース商品の抽出条件、仕様、引渡しの方法、使用許諾の対価(以下「利用料金」といいます。)の額、支払方法その他必要な事項は、Baseconnectが各ユーザとの間で締結する利用契約において定めるものとします。

2. 利用契約は、ユーザがBaseconnectにディスプレイ上で申込みを行い、Baseconnectがこれを承諾した時に成立するものとします。

3. 本規約は、すべての利用契約について適用されます。利用契約において本規約(個別約款を含みます。)の内容と抵触する事項を定めた場合には、利用契約における定めを優先的に適用するものとします。

知的財産権等の留保

第3条
ユーザは、データベース商品についての著作権、ノウハウその他一切の知的財産権がBaseconnectに留保されていることを承認するものとします。

利用料金等

第4条
1. ユーザーは、Baseconnectに対し、本サービス等の利用料金として、ユーザーが本サービスにログイン後、課金確認のボタンをクリックしたときに有効なBaseconnectが定める料金表に定められた利用料金を支払うものとします。

2. 利用料金及び消費税等相当額(以下「利用料金等」といいます)の支払方法は、クレジットカードによるものとします。

3. ユーザーが支払期限までに利用料金等を支払わない時、Baseconnectは年6%(日割計算とします)の割合による遅延損害金を請求することができるものとします。ユーザーはこれを利用料金等とともに支払わなければなりません。利用料金等が支払われるまでの間、ユーザーによる本サービスの利用を停止することがあります。これによる利用期間の延長、利用料金等の減額又は返金等の措置は一切行いません。

使用の範囲等

第5条
1. ユーザは、データベース商品をユーザの内部利用(同一法人内の役員・従業員(ユーザが個人事業主である場合には本人及び当該事業に従事する従業員。以下併せて「従業者」といいます。)による利用を指します。)のためにのみ使用するものとします。

2. ユーザは、データベース商品をユーザの内部利用の限度において以下の方法により使用することができます。
(1)編集・加工
(2)複製
(3)自動公衆送信(オンライン利用。ただし、外部ネットワークからのアクセスが制限され、ユーザの従業者のみ利用可能なネットワーク上での利用に限ります。)

3. ユーザは、前項の規定により編集・加工・複製されたデータベース商品の派生物(以下「加工物」といいます。)について、著作権、ノウハウその他一切の知的財産権及び本規約に基づくBaseconnectの権利がBaseconnectに留保されていることを承認するものとします。

4. ユーザは、データベース商品(加工物を含みます。以下本項において同様とします。)について、その全部であると一部であるとを問わず、次に掲げる行為を行わないものとします。
(1)第三者(ユーザが法人である場合、子会社、関連会社も第三者に含まれます。以下本項において同様とします。)に開示、漏洩し、または使用させること。
(2)ユーザが第三者に提供(有償、無償を問いません。)する商品、サービスのために使用すること(データベース商品に依拠して作成した企業の格付その他信用に係る情報を第三者に提供することを含みます。)。
(3)公序良俗に反する目的のために使用すること。
(4)収録媒体を第三者に譲渡し、その占有を第三者に移転すること。
(5)Baseconnectから入手したものである事実を直接的又は間接的に第三者に開示すること。
(6)訴訟や許認可申請等の法的手続きで使用すること
(7)株式上場手続き、適時開示情報もしくは有価証券報告書等で使用すること

5. ユーザーはBaseconnectの営業行為に悪影響もしくは損害を与える様な情報データの提供を行わないものとします。

6. ユーザーの保有するデータベース商品及び情報データが紛失した、もしくは盗難された際には、Baseconnectに対し迅速に通知するものとします。情報データの紛失又は盗難により、Baseconnectが損害もしくは営業上の不利益を被った場合、ユーザーに対し損害賠償請求をできるものとします。

個人情報の保護

第6条
1. ユーザーは、当社から提供される個人情報を、個人情報保護法に従って取扱うものとします。
2. ユーザーは、ユーザーが個人情報保護法で定める個人情報取扱事業者に該当しない場合であっても、個人情報取扱事業者に準じた措置(利用目的の特定等)を講じるものとします。

Baseconnectの免責等

第7条
1. Baseconnectは、データベースの性格上、データベース商品の正確性、完全性または特定の目的についての適合性について保証するものではなく、データベース商品の使用によりユーザまたは第三者に損害が生じたときも、対価の減額、損害賠償その他の一切の責任を負わないものとします。ただし、当該損害がBaseconnectの故意または重大な過失に起因するものである場合はこの限りではありません。

2. Baseconnectは、前項但書に定める損害賠償等の責任を、ユーザがデータベース商品の引渡しを受けた後1年以内に当該損害の発生につきBaseconnectに通知した場合に限り負うものとします。また、理由のいかんを問わず、Baseconnectが負担すべき賠償責任の額は、当該データベース商品の利用契約において定められた利用料金の総額を超えないものとします。

3. Baseconnectは、次の各号に掲げる事由によりユーザに生じた損害について、一切の責任を負いません。 (1)火災、停電、天災地変、戦争、暴動、労働争議、法令の制定改廃等の不可抗力その他Baseconnectの合理的な管理を超える原因によるデータベース商品の提供遅滞または不能 (2)定期的または緊急に行われるデータベース商品の提供に必要な設備等の保守に伴う提供遅滞

4. データベース商品の利用に関連してユーザが第三者またはBaseconnectに損害を与えた場合、またはユーザと第三者との間で紛争が生じた場合、ユーザは自己の費用負担と責任においてかかる損害を賠償し、または紛争を解決するものとします。

譲渡禁止

第8条
ユーザは、本規約または利用契約上の自身の地位またはこれらに基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、もしくは移転し、または第三者の権利の目的としてはなりません。

規約の変更

第9条
1. Baseconnectは、ユーザーに事前に通告又は公表することなく、必要に応じて本規約を変更することができるものとします。

2. 変更後の約款の効力が発効日の前日までに締結された利用規約に及ぶ場合、変更後の約款をユーザーに通知もしくはweb上で公開するものとします。変更後の約款は通知又は公開から30日の経過をもって発効するものとします。

契約の解除

第10条
1. ユーザまたはBaseconnectは、相手方に次の各号に掲げる事由(以下「解除事由」といいます。)が一つでも生じた場合には、利用契約を解除することができるものとします。この場合、解除事由に該当した当事者は、解除によって相手方に生じる損害を賠償する責を負うものとします。
(1)支払の停止または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申し立てがあったとき。 (2)手形交換所の取引停止処分を受けたとき。
(3)その財産について、仮差押え、仮処分、保全差押え、強制執行、担保権の実行または公租公課の滞納処分がなされたとき。
(4)本規約または利用契約に定められた義務を履行しないとき。
(5)フリープランの無料枠のみ利用する目的で複数アカウント登録するなどの悪質な利用を行ったとき。
(6)その他契約を継続し難い重要な事実が生じたと認められたとき。

2. 解除事由に該当したユーザまたはBaseconnectは、相手方に対して負担するすべての金銭債務について期限の利益を失い、直ちに債務を弁済しなければならないものとします。

反社会的勢力の排除

第11条
1. Baseconnectは、ユーザが次の各号のいずれかに該当した場合は、何らの催告をなすことなく、利用契約を解除することができるものとします。
(1)ユーザまたはその役員もしくは従業員が、反社会的勢力(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)
第2条第2号に規定する暴力団若しくは同条第6号に規定する暴力団員又は暴力、威力及び詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団若しくは個人をいう。以下同じ。)であることが判明したとき。
(2)反社会的勢力がユーザの経営に実質的に関与していることが判明したとき。
(3)ユーザが、自己もしくは第三者の不正の利益を図りまたは第三者に損害を与える目的をもって、反社会的勢力またはその威力を活用していることが判明したとき。
(4)ユーザが、反社会的勢力に対し資金等を供給し又は便宜を供与するなど、反社会的勢力の維持、運営に協力しまたは関与していることが判明したとき。

2. 前項の規定に基づく解除によってユーザが損害を被ることがあっても、Baseconnectはユーザに対して損害賠償その他一切の責任を負わないものとします。

3. 第1項の規定に基づく解除によりBaseconnectが損害を被った場合、ユーザはかかる損害を賠償する責任を負うものとします。

利用契約終了時の措置等

第12条
利用契約において定めた利用期間の満了によって利用契約が終了したときは、第3条、第5条、第6条、第8条及び第13条の規定を遵守することを条件に、ユーザは契約終了の際にBaseconnectから使用許諾を受けていたデータベース商品を引き続き使用することができるものとします。ただし、上記条件を満たさなくなったときは、Baseconnectはユーザに対し、データベース商品の使用停止を求めることができるものとします。

秘密保持

第13条
Baseconnect及びユーザは、利用契約の締結または履行上知り得た相手方の業務上の機密情報について、厳に秘密を保持し、相手方の事前の書面による承諾がない限りこれを第三者に開示、漏洩しないものとします。ただし、Baseconnectがデータベース商品の提供に必要な業務を第三者に委託するに際し、当該第三者に秘密保持義務を課したうえで機密情報を開示する場合はこの限りではありません。

損害賠償

第14条
Baseconnectは、ユーザーがこの約款に違反したことにより損害を被ったときは、そのユーザーに対して損害賠償を請求することができるものとします。

協議

第15条
本規約及び利用契約に定めのない事項または本規約及び利用契約の条項の解釈についての疑義が生じたときは、ユーザとBaseconnectは協議のうえ円満に解決をはかるものとします。

準拠法

第16条
本規約及び利用契約の準拠法は日本国法とします。

合意管轄

第17条
本規約及び利用契約から生じる権利義務に関する訴訟については、京都地方裁判所をもって第一審の専属管轄裁判所とすることをユーザとBaseconnectはともに合意します。

2018年1月1日制定 Baseconnect株式会社

無料フリープランでのご利用が可能です。
クレジットカード等の登録も必要なく、今すぐお試しできます。

無料で試してみる

資料請求はこちら

お問い合わせ